ファクタリングのメリットとは

ファクタリングというのは、商業上の売掛金などの、まだ現金化されていない債権を、主としてノンバンク系の事業者や、その他銀行や証券会社のファクタリング部門に引き取ってもらうことによって、早期の現金化を図るというしくみのことをいいます。


もしもそのまま債権として抱えていた場合、通常であれば、現金化されるまでに何か月かはかかることになります。

Yahoo!知恵袋関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

その間、資金繰りに苦しくなることも当然あるはずですが、期日が到来していない以上は、どうすることもできないということになります。
しかし、ファクタリングのしくみを使えば、もちろん事前の審査はあるものの、申し込んでから数日程度で、こうした債権を現金化することができますので、経営上のアドバンテージが高まるということができるでしょう。債権とはいってもさまざまな種類があるものですが、特に医療機関や介護事業者の場合には、診療報酬債権や介護報酬債権といった、いわゆる公費にあたる債権をもつことになるため、一般的な企業よりも、審査の上ではかなり有利なことになります。



こうした債権というのは、倒産などによって回収不能になるということがまずありえませんので、ファクタリングを提供している事業者にとってみても、安心して引き取ることができる債権ということができるでしょう。ファクタリングとはいっても、実際に債権のすべての金額が現金化できるのではなく、通常は8割掛けというのが相場になっていますが、診療報酬債権のような優良な債権であれば、場合によっては9割程度ということもありえます。

ファクタリングにまつわる情報をまとめています。

関連リンク

介護のファクタリングは最後の手段


介護のファクタリングは、一見すると便利ですが、消費者金融で借りた場合の金利よりも手数料が高くなるので、最後の手段として考えましょう。銀行で借りられるのがベストですが、銀行がダメなら消費者金融なども検討してみて、なるべくファクタリングには頼らない方法を考えましょう。...

新規介護事業はファクタリングが重要


近年の日本は、少子高齢社会ということができます。子どもの出生率が低下し、高齢者の総人口に対する割合が増加しているのです。...